▼ 商品検索

▼ 会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ カテゴリー
井手'S オリジナル
特価ワイン&B品ワイン(ラベル不良など)
セット物
レアワイン
シャンパン
スパークリング
日本
カリフォルニア(ナパ)
カリフォルニア(ソノマ・カーネロス)
カリフォルニア(セントラルコースト・他)
カリフォルニア(サンタバーバラ・モントレー・パソロブレス)
オレゴン・ワシントン
フランス(ブルゴーニュ)
フランス(アルザス)
フランス(ラングドック & ルーション・プロヴァンス)
イタリア・ピエモンテ州・トスカーナ州
スペイン
ドイツ
オーストリア
オーストラリア
ニュージーランド
チリ
ワインセラー
ユラボジャパン 真空調理器
ホシザキ真空包装機 他
ワインオープナー・ソムリエナイフ
ワインラッピング・手提げ袋・ボトルバックなど
パスタ
旬の食材
ブランドきのこ
オイル類(オリーブオイル他)
ビネガー&バルサミコ
塩・砂糖・マスタード・他
伊 アンタール インスタントパスタ・リゾット
オリーブ・ペースト &その他の食材
エスカルゴ
クスクス・乾燥豆
仏 DGF 製菓用チョコレート
仏 DGF フルーツ 冷凍・シロップ漬け他フルーツ
仏産 ファヴォルスのセミドライフルーツ 
紅茶
フランス アラン・ミリアのジュース&ネクター
スペイン トーレス社 ポテトチップス
仏 ティエルスラン スパイス
仏 DGF プラリネなど製菓材料
仏 製菓用シュガー・カカオバター
DGF製菓機材
仏 マロン
伊 マスカルポーネ
仏 製菓用アルコール
ショッピングカートを見る
▼ ショップ紹介

レアワインハウス店長
井手 恵理子
皆様のお問い合わせには、心をこめて対応させていただきたいと思っております。 どうぞ宜しくお願いいたします。
▼ 露地もの ヨーロッパ産  ホワイトアスパラ 500g 予約販売
価格は4月19日水曜入荷分です。

在庫がある場合もありますので、お急ぎの方はご連絡ください。

毎週水曜入荷です(水曜以降の出荷になります。)

在庫は多く取るようにしておりますが、売り切れることがございます。

■発注サイクル 
※週1回水曜日入荷  毎週月曜日午前中発注締切→翌週水曜日弊社入荷→翌日以降のお届け

※ 事前のご予約をお願い致します。

■サイズ Mサイズ、(約50g〜70g) Lサイズ(約70g〜90g) 

LLサイズに関しては入荷があれば対応が可能です。 サイズは大体なので多少前後いたします。

■産地 フランス産(露地栽培品) 場所は不明です。

■天候によりご予約頂いても入荷しない場合もございます。予めご了承お願い致します。



今回の入荷分はフランス産露地物です ※クール便で送るため、クール代金が発生します。
 常温便ご希望の方は、備考欄にご記入ください。

==============================================================================

≪ ホワイトアスパラのお話し ≫
 
『 最近、スーパーで見かける国産のホワイトアスパラは、安いのになんで、ヨーロッパのは、こんなに高いの? 』

 こんな話しを、レストランのお客様から聞きました。

 その安いホワイトアスパラは、グリーンアスパラを光を当てないで育てた物で、品種そのものが違うわけです。

 まあ、なんちゃってホワイトアスパラですね。

 じゃがいもの先っぽが緑なのを、見たことあると思いますが、
 それと同じ事です。

 要は、お日様に当たったのが緑で、当たらないのが白なんです。

 見た目も、ホワイトアスパラはごつごつして太くて、グリーンアスパラはv
 スラーとしてます。完全な別物です。

 【 ハウス物と露地物 】

 露地物の方が、美味しいです。
 ハウス物は成長を促進させるために、ビニールで覆って早く出荷させます。
 露地物は、自然の気候にまかせます。
 じっくりと育まれた、露地物の方が美味しいのは当然です。
 従って露地物の方が、値段とは関係なく高級とされます。

 【 産地 】

 ここ数年、チリ産をよく見かけます。安いんですが・・・
 でも、やっぱりヨーロッパ(フランス・スペイン)の方が美味しいです。

 春先すぎて、出てくる北海道産のホアイトアスパラは、高価ですが
 これは、かなり美味しいです。
 フランス物にひけを取りません。

 3月 フランス産
     ↓
    スペイン産

 5月 北海道産 

      ※ヨーロッパの物は、4月中旬〜下旬にかけて先っぽが紫になってきます。

     【 日持ち 】

 ※下処理をしなければ、冷蔵庫保管で結構持ちます。
  (1週間くらいは、平気ですが、やっぱり若干の風味は落ちます)
  水気を与えないようにしないと先っぽが延びてくるので、注意が
  必要です。

 【 下処理 】

 ※必ず調理直前に行います。(これが最大のポイントです)

  スタンバイしておくと風味が一気に落ちます。
  どんなに忙しいレストランでもオーダーが入ってから皮を剥くのはその為です。

 ●軽く水洗いしてふき取った後、皮は、頭3センチ位を残して、
  ピーラー(皮むき器)で薄く剥きます。

下から5センチ位は、念入りに皮を厚めにむかないと調理後歯に当たります。

 ※皮を剥いたら、噛んでみましょう。
  そのエグミをクリアするのが、調理です

   ==============================================================================

 ≪ 家庭でお薦め調理方法 ≫】

※鮮度が良く、レベルが高いアスパラはシンプルが一番です!

【 ホワイトアスパラのソテー 】 

   1、皮を剥いた、ホワイトアスパラは縦に半分に切ります。
   更に斜めに半分に切り、お尻の最後の方を斜めに切り(1センチ位)ます。
   (これが、試食用のカット方法です。)
   半分のホワイトアスパラが3つに分かれた形になります。

 2、軽く塩をしてオリーブオイルでサッと焼きます。

   ※火は強火がいいです。
    軽く焦げ目が付いたら、すぐにひっくり返します。

 3、少し若めが美味しいです。
   試食用のお尻の部分を食べて、シャリッと残る位が丁度いいです。

   ※ホワイトアスパラは頭からお尻に行くに従って、硬く、火が通りにくいです。
    先っぽが一番美味しいと言う事になります。

   ※極端に言えば、若くあげても食べれるけど、火を通しすぎたらグズグズに
    なって美味しくありません。

 4、ソースをかけます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【 レモン醤油ソース 】

   レモン醤油にマンチャンティ(レベルの)のエキストラヴァージンオイル、
   あれば、粒マスタードを少々

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

          【 バターフォンデュ 】

焼きあがってお皿に乗せて、カマルグ(レベルの)の塩をかけ
   フライパンにバターを溶かし、泡が立って来て、煙が少し立ち昇ったところで
   ジュッとかけます。

    ☆ちなみに、フレンチでは水に小麦粉とレモン汁を少々入れて、トロンとする位の
 小麦粉水で軽く、湯がきます。すぐに、冷水に取って、下ごしらえとするのが
 オーソドックスです。
 あく抜きと白さを際立たせる為です。

 しかし、鮮度がいいのは上記の方法でサッと焼く方が、簡単で且つ、
 美味しく召し上がれます。

★苦味を少なくして美味しく召し上がるには皮をむいた後、軽くボイルして焼くと失敗がないです。

卵との相性が凄く良いので、目玉焼きを乗せて食べるのも一般的です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【 ホワイトアスパラとアサリのピノノワール蒸し 】

※赤ワインで調理する場合、一番相性が良いのがピノノワール
 白ワインの場合は何でもOK,特にヴィオニエやゲベルツトラミネールは絶品です。

1、ホワイトアスパラは皮をむいておきます。
2、フライパンかお鍋にピノノワールを張って(アサリ200gに50cc〜100ccのピノ)
  砂抜きしたアサリを入れます。

3、アサリの殻が何となく空きだしたら(半分位)玉ねぎスライスをたっぷり入れて
  ホワイトアスパラを丸ごと入れてフライパンの蓋をします。
4、ホワイトアスパラに竹串を刺してスーと入ったら味付けして、出来上がりです。

★味付け
A,塩・こしょう・オリーブオイルだけでシンプルに
B、塩・コショウ・EXオイル+生クリーム少々
C,別のお鍋に牛乳を沸かしておいて、出来上がりに混ぜます(マルニエール)

★風味
※生のアサリを入れた時点でフライパンに入れます。
A,おろしニンニク少々
B、おろし生姜少々
C,コチジャン(味噌)この場合は水を少し足します。

★トッピング
A,万能ねぎの小口切り
B,大葉の千切り
C,白髪ねぎ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【 ホワイトアスパラのブルーチーズグラタン 】

※白ワインでも赤ワインでも、どっちでもOKです。
 ブルーチーズの代わりにウオッシュチーズでも良く合いますが、その場合は白ワインのみの
 適応となります。

 冷蔵庫に残ったた余りチーズで十分です。

1、ホワイトアスパラは皮をむいておきます。
2、ブルーチーズソースを作ります。
  鍋にワインを沸かして、3分の1位に煮詰まってきたら、生クリームを入れてチーズを溶かします。
  (目安はアスパラ1本 100ccのワインに生クリーム30cc、50gのチーズ)
3、ホワイトアスパラは軽くソテーするか2分程下ゆでします(火は全部入れないで何となくでOK)
4、耐熱皿にホワイトアスパラをおき、ソースをかけて粉チーズをふってオーブントースターで焦げ目が
  つくまで焼きます。竹串を刺してスーと入ったら出来上がりです。
5、黒コショウとパセコンをかけると風味が上がります。

(生クリームがない時の応用)
1、ホワイトアスパラは皮をむき、下ゆでか軽くソテ−しておきます。(火入れは軽く)
2、耐熱皿にホワイトアスパラをおき、アスパラの形状に沿って細くマヨネーズをかけます。
3、鍋にワインを沸かして、3分の1位に煮詰まってきたら火を止めて余熱でチーズを軽く溶かします。
  (混ぜる感じです。全部溶かしません)
4、2にソースをかけてオーブントースターで焦げ目がつくまで焼き上げます。


・ 型番
A
・ 定価
2,347円(本体2,174円、税173円)
・ 販売価格

1,760円(本体1,630円、税130円)

・ 購入数